サポートシステム | 埼玉栄高等学校

サポートシステム

通常授業プラス選択講座の学習体制。3年間をトータルに見据えた学習サポート体制で未来へ

1 学習サポート

主体的に放課後の時間を組み立てる

放課後選択授業(16:00~20:40)
7~10時限目を利用し、基礎講座から入試対策講座まで自由に選択できる講座を多数開講。学年をこえた授業選択も可能です。また、自習スペースも開放し、生徒が自分のスタイルに合わせて自分だけの時間割をつくって学習できます。

[入試対策講座]
入試に対応できる基礎学力の定着から一般入試対策まで本校教員と外部講師の講座から選択履修することができます。9・10時限に設定された講座もあるので、部活動後に受講することもできます。

[第2外国語]
英語以外の外国語を学ぶことで、さまざまな地域の文化に触れ視野を広げるとともに、学んだ言語を使っての国際交流や各種検定、大学受験等にもつなげられるよう講座が進められています。開講している講座は、フランス語・ドイツ語・スペイン語・中国語の4カ国語で他に例を見ない言語数の多さです。生徒は中1から高3まで様々で、自らの目的達成のため自主的に受講しています。
second_language2

0時限学習[センター試験対策(7:40~8:30)]
2・3年生対象にセンター試験対策講座を開講しています。1時間で完結するように進められているので、分野を選択しての受講も可能です。

夏期講習
1・2年生は授業で見落としがちな箇所の再確認や、復習に重点を置いて開講しています。3年生は、入試の基礎から応用まで、多くの講座を開講します。また、部活動に配慮した日程、時程で実施していますので、部活動との両立も可能です。

論文面接指導[教員全員が面接官となって模擬面接を実施!]
主にAO入試や推薦入試対策で指導しています。論文は外部の添削も取り入れ、テーマ別に指導します。また、面接指導は担任はもとより全教員で対応し、本番さながらの指導を実施します。

ICT教育
本校では、新時代の教育を見据えて、大学入試・教育改革につながる新しい学びをサポートしています。特にICTを活用した学習ツールとして、ベネッセのClassiを導入し、日々の学習や活動の蓄積と振り返りを促し、深い学びと主体性を育んでいます。また、映像を用いた教育も重視しており、通学時間などを有効に活用した学習が可能です。放課後は、タブレット端末を校内で自由に利用できる環境を整えています。

2 進路指導センター

キャリア教育の拠点として一人ひとりを強力にバックアップします。

人としての生き方、在り方を考え、職業観を育み、生徒にとって最適な進路を決定できるようサポートします。

サポートシステム1

【機能とサポート】
各分野の専門スタッフが、進路や学習に関する相談に応じます。
個人カルテを作成し、3年間を通して継続的な指導を行います。
本校独自のデータベースから学力の分析ができます。
データベースから受験体験レポートの提供ができます。
進学・就職に関する各種資料を自由に閲覧できます。
パソコンを用いて大学情報の収集ができます。

center22

3 SUNシステム

SUNシステムは、学校と各家庭を結ぶオリジナルWebサイト。ホームページにアクセスして、IDとパスワードを入力すれば接続できます。学校や生徒の「今」を届ける他、学習支援など幅広く利用できます。

学習をサポート

「学習個人情報」で成績管理

試験の結果や成績の推移を、グラフなどを交えて表示し、様々な角度から成績を分析できます。

「学習教材」をダウンロード

各教科の要点をコンパクトにまとめた資料や、定期試験の勉強に役立つ問題集などを、PDF形式で届けます。

旬の「進学情報」

最新の進学情報を随時提供。進路に役立つコンテンツを豊富に配信していきます。

学校生活をサポート

「学校通信」で最新の学校情報を

「SAKAE通信」「図書館便り」「保健室便り」などの学校情報を随時配信します。

出欠などの連絡も

欠席や遅刻などの連絡もSUNシステムを通して行うことができます。

「部活動情報」等でSAKAEを応援

各部活動の結果速報や活躍の模様や学校行事の様子などをレポート。体育祭の一部を動画で見ることもできます。

  • リアルタイムな進学情報
  • 教材のアップロード
  • 部活動情報
  • 成績管理
  • 欠席の連絡
  • 各種届け書などダウンロード
  • 教材のダウンロード
  • 最新のお知らせを案内
  • 年間スケジュールの連絡

4 図書館

図書館は”知識の宝庫”。
本を開くことは、未知の世界の扉を開くことです。

佐藤栄学園の系列校(小学校から大学まで)にある93,000冊の蔵書を取り寄せることがきます。また、自学自習に専念できる広い自習スペースを用意しています。何か調べ物をしたいとき、本を読むことはインターネットと違い、想像力の翼を広げてくれます。

5 食堂

健康な体づくりだけではなく勉強も支えています。

朝・昼・晩に営業している食堂を、自習室として開放しています。ご飯をたべながら一人で勉強したり、友達と教えあったりできるスペースです。コンビニも併設されているので、食べ物や飲み物を買って食堂で勉強することもできます。ここで課題や予習復習を済ませてから帰宅する生徒もたくさんいます。

目標達成のために、授業や講習以外にも、以下のような取り組みや行事を用意しています。

夢実現シート

データベースやオリジナルのシートを使い、進路や目標とする大学へ向けて一人ひとりの現状の把握をします。

進学相談会

さいたまスーパーアリーナに大学・専門学校の募集担当者が集まり、個別相談に応じます。

合宿学習

3年生を対象に、校外施設でセンター対策合宿を行います。

英語教育の強化

グローバルな舞台で活躍する人材の育成のため、日常会話、大学入試、英語検定で通用する英語力の育成に向けて、聞く、話す、読む、書くの英語4技能を計画的に向上させます。native speakerの教師による指導のほか、各生徒のパソコン、スマートフォンをつないだインターネット回線を利用した多読システムの導入、スピーチコンテストなどを行っています。

講演会

キャリア教育の一環として、その道の第一人者を招いての講演会を実施します。

AO・推薦入試指導

9~12月に、教員全員による面接特別指導を行います。

校外模試

ベネッセ等の模擬テストを各学年計画で実施します。

ピックアップ

  • bnr_picup01
  • bnr_picup02
  • support_system
  • club_list
  • 大学合格実績バナー
  • Webパンフレット