αコース | 埼玉栄高等学校

 

ttl

 

alpha

生徒が主体的に考えて学習できる環境を整えています。

αコースは、全教科むらなく学習し、しっかり基礎を固めて難関国公立大学及び医学部合格をめざします。
1年次からキャリア教育を充実させて学習意欲を高め、2年次より文系・理系に別れて主体的に学習する習慣を確立します。
生徒は「チーム栄」の気持ちで切磋琢磨して学習し、互いに高め合っています。
主要科目の教科担当は原則3年間変わらないので生徒の成長もよくわかり、その都度適切な指導ができます。

 

きめ細やかな学習指導

αコースの学習指導は、基礎から応用、入試レベルまで着実にステップアップするように学力増強をはかります。
ときにはより高いレベル、また、より基本的なことを学びたいという生徒のために放課後等にも指導を行います。

 

医学選択

カリキュラムは理系と同様ですが、早朝と放課後に選択制による補講を行い、徹底した学力向上を目指します。
また、「倫理観・使命感」、「責任感や的確な判断と行動力」、「指導力と協調性」を養い、医師として必要な要素を育成します。

 

難関選択

幅広く学習することは大学で高度な学習を学ぶ上でも、国際社会で活躍するためにも必要です。
身につけた知識を活かし、将来社会に貢献できる人材を育成します。

Teacher’s Message

英語

英語=総合力

英語は、全ての分野と密接に関係しています。

英語をただの一外国語として学習するのではなく、他教科とも常にリンクさせ、総合的に理解していく事を大切にしています。

文構造を論理的に解釈する力、英文の流れを読み解く読解力、

背景にある科学的な知識や歴史的価値観まで含めて、

聞く・話す・読む・書く力を伸ばしていきます。

そして、国際社会の担い手として、自ら主張できる生徒を育てたいと思っています。

現代文

原点に立ち返り、日本語そのものの理解を

「日本人なら日本語を読めて当たり前」今の高校生にはこの概念が通用しなくなっているのではないかと思う。

授業では一度原点に立ち返り、日本語そのものの理解をゆるがせにせず、語彙力の充実、正確な文脈把握に努めたい。

また、他者を意識した論述ができているかという観点からの作文添削を実施し、記述力の向上を図りたい。

文章論述による意思疎通がしっかりできる人材を育成し、世界に送り出すことが最終的な目標である。

古典

まず自国の文化を知ることから

現在は国際社会と言われています。様々な国の文化が日本で紹介され、異国の文化に対する関心は日々高まっています。

しかし私達は意外に日本の文化を知りません。

他国に日本を理解してもらうためには私達がまず日本の文化について学ぶ必要があるのです。

日本は古くは中国の文化から強い影響を受けていました。その中国の古典である漢文や日本の古文を読むことで、

日本の文化や伝統に対する関心を深めてもらいたいと考えています。

数学

暗記だけでなく、考え、活用する楽しさを知ろう

数学は公式を暗記すればできるという人がいますが、これは誤りです。

最近の入試問題は難しい問題ではなく、公式の意味を理解して、これをどのように活用するのかが問われるものが主流です。

αコースの授業はまずしっかりした計算力を身につけ、

これをもとに考える力を身につけるような授業展開を心掛けています。皆さんも、本校で数学を楽しみませんか。

化学

原子の構造を知り、実権を通じて力をつける

化学では、イオン、酸やアルカリ、有機物などさまざまな物質や化学変化を学習します。

分かりづらく思えるこれらの変化には法則性があり、これを決定するのが原子の構造です。

原子の電子配置を知ることは、物質の性質や反応性を理解する上で重要なことなのです。

化学の授業では、まず、基礎を大切にして授業を展開します。

そして、その内容を実験を通して確かめ、さらに考える力を養っていきます。

物理

「なぜ?」を探求し、宇宙を知ろう

この宇宙はほんの少数の法則にしか支配されていません。

その土台となる基本法則を探り、自然現象を統一的に説明しようという探求活動が物理です。

あなたも究極の理論や科学技術のサプライズに挑戦してみませんか。

そのためには、なぜ?と興味を持ち、現象を体験し、自分の頭で考える姿勢が大切です。

授業では、実験を重視し、イメージを描き、一緒に考えながら理解を深め、夢を実現するサポートをしていきます。

生物

地球・生命の神秘から、未来を拓く

『命』。それは途切れることなくこの地球上で受け継がれているもの。

生命の神秘、生態系の絶妙なバランスで成り立つ地球の不思議。誰もが持つ「どうして」を共に考えていきたいと思います。

医療・食品・燃料・環境などの様々な問題を解決する手段として生物という学問には多くの期待がかけられています。

生物学を学び、生物を知る事が私たちの未来を拓くツールになります。

日本史・世界史

歴史を通じて、自ら問題を解決していく力を

歴史を学ぶとき、それぞれの事実の背景と因果関係を探求できるlogicalな思考力が必要になりなす。

そして、日本史と世界史は別々のものではなく、深く絡み合っています。

真実を見極め、未来へ向かう自分たちが進むべき道を拓くこと。

「歴史がわかる」楽しさを伝え、「今の世界がわかる」関心を深めていきます。

公民

今を生きる力を養おう

政経の授業では、リアルタイムで起きている問題を取り上げ、細かく解説し、目まぐるしく変化する激動の社会で、

主体的な判断力を持って生きるリーダーの育成に努めていきます。

倫理の授業では人間の生き方や人生の意味を見つめていきます。先哲の言葉や思想には生きるヒントが隠されています。

多様な価値観が渦巻く現代社会を乗り切っていく手助けになれば幸いです。

政経・倫理ともに受験に必要な用語は網羅していきます。

Student’s Message

東京オリンピックと難関大学をめざして

埼玉栄高校在学中にロンドンオリンピックに出場した土井杏南さんに憧れて入学しました。
αコースを選んだのは、陸上競技だけでなく、勉強でも頂点をめざしたかったからです。
好きな科目は、数学や理科。αコースはみんなの意識が高く、切磋琢磨できる環境です。
陸上競技では、高1の夏にインターハイの4種目で準決勝に進出を果たしました。この競技で身につけたのは、目標を設定してそこに向かって努力すること。この習慣は勉強にも役立っています。部活動を通して集中力も身につきました。
難関大学の国際関係か医療系の学部で学びながら、東京オリンピックに出場することが夢です。

α生徒

勉強にも全力投球 目標は国立大学合格

αコースに入ったのは、国立大学に進学したかったからです。野球部で全国制覇をめざしながら、文武両道に励んでいます。
αコースのよさは、授業のレベルが高く、内容が濃くて実力がつくことです。
僕は0時限学習や放課後選択授業にもでているので、さらに理解が深まります。
αコースの仲間たちはみな成績優秀です。勉強を教え合って、お互いを高め合うこともできます。

α生徒

高い目標を実現するのに、理想的な環境です

国立大学に進んで、好きな英語に磨きをかけ、国際関係の仕事につきたいと思っています。
αコースはそんな夢をかなえるのに理想的な環境です。
放課後にはたくさんの演習講座があります。また、動画の学習教材をタブレットパソコンで勉強する環境が整っていて、時間を自由に使えるので習い事も可能です。
キャリア教育では外務省に行き、学ぶ意欲がさらに高まりました。

α生徒

 

 

時間割1年

 
1 国語総合 倫理 数学Ⅰ 地学基礎 数学Ⅰ 創造学習
2 倫理 政治・経済 国語総合 国語総合 コミュニケーション英語Ⅰ
3 地学基礎 家庭基礎 体育 数学A 政治・経済
4 数学Ⅰ コミュニケーション英語Ⅰ 国語総合
5 保健 国語総合 化学基礎 音楽I/美術I/書道I 化学基礎
6 コミュニケーション英語Ⅰ 数学A 英語表現Ⅰ 英語表現Ⅰ

αコース文系

時間割2年

 
1 コミュニケーション英語Ⅱ 数学Ⅱ 生物基礎 古典B 数学B 創造学習
2 現代文B コミュニケーション英語Ⅱ 数学B 世界史B/日本史B 古典B
3 世界史B/日本史B 社会と情報 古典B 体育 数学Ⅱ
4 数学Ⅱ 英語表現Ⅱ 世界史B/日本史B 現代文B
5 生物基礎 世界史B/日本史B 数学Ⅱ 英語表現Ⅱ コミュニケーション英語Ⅱ
6 保健 古典B コミュニケーション英語Ⅱ 社会と情報 世界史B/日本史B

αコース理系

時間割2年

 
1 数学Ⅱ コミュニケーション英語Ⅱ 英語表現Ⅱ 社会と情報 コミュニケーション英語Ⅱ 創造学習
2 世界史A 現代文B 数学Ⅱ 数学B 化学
3 体育 数学Ⅱ 古典B コミュニケーション英語Ⅱ 世界史A
4 化学 物理/生物 現代文B 数学Ⅱ
5 古典B 数学B 化学 物理基礎/生物基礎 物理/生物
6 物理基礎/生物基礎 社会と情報 コミュニケーション英語Ⅱ 英語表現Ⅱ 保健

ピックアップ

  • bnr_picup01
  • bnr_picup02
  • support_system
  • club_list
  • 大学合格実績バナー
  • 高webパンフ