国際教育 | 埼玉栄中学校

国際理解教育

「21世紀に活躍できる人材を育てること」は、本校の目標のひとつ。
真の国際人を育成するために、日本人のアイデンティティをベースに持ち、
 グローバルな視野で国際理解を深められる人間教育を実践しています。

自国の文化を知る 京都・奈良校外学習

自国の文化を理解することは、国際理解への第一歩。そこで、中2では京都と奈良を全員が訪れます。奈良では東大寺の大仏殿などを見学。京都では西陣織や京友禅を体験したり、班別行動をとり計画の段階から実施まで各班が責任をもって行動します。将来、国際社会に出た時に、日本の伝統文化を海外の人たちへ紹介できる教養を身に付けます。

 

海外修学旅行

中学3年次に実施。オーストラリアの歴史・文化・自然を体験するとともに、2泊3日のホームステイで生きた英語や生活習慣に触れるとともに、アクティビティを楽しみながら交流を深めます。会話力が試されるため、1年次より週1時間ネイティブの教員による英会話の授業を行い、この日を目標に語学力を養います。

 

国際理解教育の一環として、第2外国語を開講

フランス語・ドイツ語・スペイン語・中国語の講座を、中1から高3までの希望者を対象に開講。時間帯は19時15分から20時45分までの90分です。英語以外の外国語を学ぶことで、様々な地域の文化にふれ視野を広げるとともに、国際交流や各種検定、大学受験などにもつなげていきます。

germany
 

ピックアップ

  • 大学合格実績バナー
  • club_list
  • bnr_picup02
  • bnr_picup01
  • 中学webパンフバナー