教科 | 埼玉栄中学校

教科

確かな学力形成へと導くための授業く

中学3年間は、高校や大学につながる基礎力を養う時期。本校では、毎日の授業を大切にし、その質の向上に取り組んでいます。
また、主要5教科と同様に、芸術科目や体育、技術・家庭も人間形成に欠かせない教科として重要視しています。

ttl_edu01

コミュニケーションを楽しむ中で、英語の力を高めていきます。

中学での英語の授業は、週に6時間。そのうち1時間をネイティブが担当する英会話にあてています。英会話では、リスニングやスピーキングの力とともに、定期試験や外部模試、英検などに対応できる力を向上させます。また、英語を楽しんでもらうことも、心がけています。スタイルにこだわらず、自由に英語を楽しんでほしいです。

生きた英語力の習得を

英語は言語なので「読み・書き・聞く・話す」の4技能を磨き、生きた英語力の習得を目指します。中3の後半に高校の内容に入り、高3の前半から大学入試に向けて十分な対策を行う学習進度となっています。生徒は英検とともにGTECの受検。英語力の到達度をスコアで確認しています。

ttl_edu02

中学で基礎基本の徹底を図り、高校での高度な内容に備えます。

高校の数学は内容が高度になるため、中学で基礎・基本の徹底を図ります。反復練習を行いながら、応用問題に取り組みます。数学の知識は、大学でどの分野を学ぶにも要求されます。筋道を立てて物事を考える論理的な思考力が、数学の勉強によって養われるからです。文系・理系に関わらず、数学をしっかりと勉強してほしいと思っています。

手厚い指導で理解を深める

「進学クラス」では習熟度別授業を展開。数学を得意とする生徒には発展的な内容で力をさらに伸ばし、不得意とする生徒には十分な理解ができるようにしています。「難関大クラス」では中2の3学期に中学校の全課程を修了。中3から高校の過程に入り、大学入試問題にもチャレンジします。

ttl_edu03

国語は、生きる力を育み、価値観や世界観を大きく広げます。

国語は、どの教科にとっても基本となります。文章を正確に読み解く力を養うことによりすべての教科における理解が深まります。また、国語の授業で身につけた豊かな語彙力は、コミュニケーション能力の向上させ、「生きる力」を育みます。言葉から内容を的確に享受し、自身の意見や主張を正確に表現する力は、中学生のうちに完成させるべき力です。

正しい日本語を身につける

中1では週に1時間は文法の授業にあて、中2までに敬語を学びます。中3では高校の内容を先取りして古典文法を学習。動詞の活用までを学びます。文法をしっかりと理解して、正しい日本語を身につけることが目的です。同時に「思考力」「判断力」「表現力」も養っていきます。

uchino
ttl_edu04

「なぜ?」という気持ちを育み、理科への興味や関心を養います。

中1の生物分野では、ルーペを持ってフィールドワークへ。学校周辺の草花を観察します。こうした観察や実験を授業に多く取り入れ、「なぜ?」「どうして?」という疑問を抱かせるようにしています。この知的好奇心が、理科という強化に興味を抱く”入り口”になるからです。また、生徒に発言する機会を多く設けて、授業への参加意識を高めています。

”理科好き”を増やす

中学3年間で、第1分野(物理・化学分野)と第2分野(生物・地学分野)を学びます。授業の目標は、実験や観察の導入によって理科好きを増やすこと。実験では用具の基本的な操作方法の習得とともに、高校の基礎となる幅広い学力、科学的な見方や考え方の要請をめざします。

ttl_edu05

実感させることを主眼に置き、心に残るような授業を展開しています。

地理も歴史も公民も、社会の学習は、世の中を知るために必要な教科です。そのため、3年間で「社会の勉強は楽しかった」と思える授業をめざしています。たとえば、歴史分野では、各時代の石器や土器などの実物を埋蔵文化財調査事業団から借りてきて、実際に触れ考えていきます。はるか昔の歴史の鼓動を、少しでも実感してもらうためです。

疑問を持ち、考える力を

中1では地理的分野を、中2の1年間と中3の1学期まで歴史的分野を学習。中3の2・3学期は公民的分野を学びます。知識の習得に終わることなく、多面的・多角的に考察できる力の育成を重視。どの分野も、”なぜその結果になったのか?”という因果関係を考え、発表することを大切にしています。

ピックアップ

  • 大学合格実績バナー
  • club_list
  • bnr_picup02
  • bnr_picup01
  • 中学webパンフバナー