なぎなた部

部の紹介
なぎなたについて

なぎなたは日本古来の伝統武道の一つです。柔道や剣道のようにあまり知名度は高くありませんが、乃木坂46が主演の「あさひなぐ」という映画をきっかけに今大ブレイクしている競技です。

もちろん大会も沢山あり、インターハイや国体、全国選抜大会や関東大会も行われており、剣道のように防具を付けて一対一で戦う試合競技の他に、空手道のように形を二人一組で演武する演技競技があります。

日本の誇る武道なぎなたは、外国人からも注目を集め、今では18か国の国々でなぎなたが行われています。世界大会も4年に一度開催されており、昨年はドイツで7回目の世界選手権大会が開催されました。顧問は第1回、第2回の世界大会の団体個人の覇者で、全日本選手権も4回優勝しています。

部員の9割が高校入学後になぎなたを知り入部しますが、未経験の入部者でもインターハイや国体で活躍するまでに至っています。

部の目標は文武両道。部活動での活躍とともに進学に向けての学習との両立を図るにはもってこいの部活です。

活動場所
  •  なぎなた道場(プール棟2F)
  •  平成31年3月にリニューアルしました。
  • 023

 

活動日・時間
  •  平日 16:30~19:00 土曜 9:00~15:00 
  •  日曜 9:00~13:00 オフ 月2・3日
部員数

 高校

  •  3年4名 2年8名 1年0名
  •  合計 12名  

 中学

  •  2年2名 1年2名
  •  合計 4名
令和2年度 年間予定
4月27~28日 関東大会県予選会 中止
  • 5月3~5日 わかしお合宿 中止
  •  6日 国体少年最終選考会 中止
  • 6月6~7日 関東大会(栃木) 
  •  21日 国体関東ブロック予選
  •  22日 インターハイ予選会 
  • 7月24~25日
  •  JOC 全国中学生なぎなた大会(福井県)
  • 8月19~21日 インターハイ(長崎県) 
  •  30日 幸村杯男子高校生全国大会(和歌山県)
  • 9月19~22日 国体強化合宿(大阪府)
  • 10月10~12日 国民体育大会(鹿児島県)
  •  25日 埼玉県大会
  • 11月3日 さいたま市大会(サイデン化学アリーナ)
  • 11月14日 新人大会(全国選抜予選会)

12月27日 若潮杯争奪武道大会(千葉県)

1月5~6日 全国選抜関東ブロック予選 

3月20~21日 全国選抜大会(兵庫県)
大会成績等
令和元年度

 

<若潮杯争奪武道大会>

 令和元年12月27日  国際武道大学

 今年度は、全国から推薦で選ばれた男子24名、女子48名が参加しました。

 本校から男子1年の比留間寿彦が準優勝、女子2年の久米祥生が第3位に入賞を果たしました。男子は過去の大会でも個人の入賞者を輩出していましたが、女子は、個人で初の入賞となりました。今後、両名の活躍を期待します。

 

<なぎなた新人大会>(全国選抜大会予選会)

  11月13日(水) 埼玉県立武道館

 令和2年3月21日、22日にかけ兵庫県、兵庫県伊丹市で開催される全国高等学校なぎなた選抜大会の県予選会が行われました。

 結果は団体・男女個人・演技全種目での優勝を独占し、本大会の出場権を得ることができました。

 特に1年生ながら男子個人を制した普通科1年比留間寿彦は、上級生相手に圧巻の試合展開で他を寄せ付けない安定した内容でした。本大会での上位入賞が期待されます。

 

<幸村杯全国男子なぎなた大会>

 令和元年8月25日(和歌山県九度山)

 本校1年の比留間寿彦が参加。3回戦で敗退しベスト16で終わりました。来年の大会での入賞を誓いました。

 

  • <インターハイ>(全国高等学校総合体育大会)
  •  令和元年8月12日(沖縄県立武道館)

 高校生の夏の祭典、インターハイが今年は沖縄県で開催され、本校3年土田が5年ぶりに個人で5位入賞を果たしました。

 5年前の入賞は本校卒業の姉の3位入賞であり、姉よりも上位での入賞を目標に臨みましたが、惜しくも5位入賞でした。強豪ひしめくトーナメントの中で勝ち上がっての入賞は立派でした。

 個人ベスト8中7名は西日本の高校で、西高東低と言われるなぎなた界においては快挙でした。

  • inhai-2019-2

 

  • <インターハイ県予選会>
  •  令和元年 6月17日(月) 埼玉県立武道館

 団体優勝 女子個人優勝・2位 

 演技優勝・2位

 

  • nagi-inhaiyosen2019-0
  • nagi-inhaiyosen2019-5
  • nagi-inhaiyosen2019-4
  • nagi-inhaiyosen2019-2
  • nagi-inhaiyosen2019-1

 2019インターハイ出場決定!

 沖縄県で開催されるインターハイの県予選会が行われ、二年連続で全種目での優勝・準優勝を独占し、演技・団体・女子個人の3種目で本校単独での本大会の出場権を得ました。

 今年は、2月、3月に道場の改修工事の関係でなぎなた場は閉鎖。居合道場を借用させて頂いたり、県立武道館の個人利用などで、稽古を継続しての本大会出場だったため、みんなが安堵の表情を浮かべていたのが印象的でした。

 また、3年生が2名と選手層が薄く、絶対に負けられないプレッシャーの中での試合で、3年生の健闘が光っていました。また下級生も本校伝統の「努力は裏切らない」を実践し、「稽古量と稽古内容では他校に負けない」の信念を貫き、勝利に貢献してくれました。本大会での更なる飛躍に期待したと思います。

 なぎなた部監督 鈴木 亘

 

 

<関東大会>

  •  平成元年6月3日 茨城県立武道館
  •  演技・団体・個人出場

 

 

  • <国体少年女子最終選考>
  •  令和元年5月8日 埼玉県立武道館

 女子個人 優勝 2位 4位

 ※国体少年女子の部出場決定

 

  • <関東大会県予選会>
  •  入間市武道館 4月

 団体優勝

  •  女子個人優勝 2位 5位  
  •  男子個人優勝  
  •  演技競技優勝 2位 4位

 

<ニュース>

 昨年夏に本校で撮影された男子なぎなたのDVDが、基礎編が昨年の12月20日、応用編が令和2年の2月20日遂に発売されました。

 なぎなたの本格的な指導DVDは全国的にも珍しくて反響は大きく、全国のなぎなた愛好者から問い合わせが殺到しています。発売元のBABジャパンにも注文が殺到しており、第三弾実践編の発売の話もあがっています。

 

<男子なぎなた入門のDVD撮影>

 男子なぎなた選手を数多く輩出している本校で、男子なぎなたのDVD撮影が今夏行われました。

 現在は男子部員1名ですが、卒業生を含めると全国でも屈指のなぎなた男子を輩出していることから、世界に先駆けて男子なぎなた入門(仮)のDVD撮影に至りました。

 撮影は近県の高校生4名、大人8名の選手を対象に実技を行い、本校なぎなた部監督の鈴木亘が解説する内容で二日間撮影しました。

 基礎編が11月、応用編が来年1月にネット配信を含め発売される予定です。

  • etv-01
  • etv-02
  • etv-03

 

  • <栄高校文化祭>
  •  令和元年9月21日(土)~22日(日)

 文化祭では、大教室の下のパフォーマンス広場と総合体育館アリーナで発表をおこないました。

 体育館では、演武と剣道との試合を披露し沢山の声援をいただきました。ありがとうございました。

  • hym_MG_6613
  • hymIMG_6074
  • IMG_5142
  • IMG_5122
 
過去の実績

<インターハイ>

 31回連続出場 団体ベスト8 1回

 ベスト16 3回

  •  平成14年度 個人3位  
  •  平成26年度 個人3位 
  •  令和元年度 個人第5位

<関東大会>

  •  28回連続出場 団体優勝2回 
  •  個人優勝2回 演技競技優勝3回

 全国選抜大会 14回連続出場

  •  平成14年度 男子個人第3位
  •  平成15年度 男子個人準優勝  
  •  平成26年度 男子個人優勝  
  •  平成28年度 男子個人準優勝 
練習風景
  • P1010344
  • P1010347
  • P1010349
  • P1010353
  • P1010354
  • P1010364
  • P1010365
  • P1010367
  • P1010370
  • P1010372
  • P1010373
  • P1010361
  • nagi_4
  • nagi_5
  • nagi_6
Q&A
Q.なぜなぎなた部に入部しましたか?

A.中学校まで球技をしていましたが、高校から武道を始めたいと思いました。(袴姿に憧れました。)

Q.朝練習はありますか?

A.遠方からの通学者がいますので、ありません。

Q.どんなところにやりがいや楽しさを感じましたか?

A.ほとんどの生徒が高校からのスタートで、頑張ればインターハイ・国体に出場できます。実際にインターハイ・国体選手に選ばれました。

Q.勉強との両立は難しいですか?

A.うまく両立できます。部活終了後に演習授業などにも参加でき、ほとんどの部員が希望大学への進学を決めています。
  (東京学芸大学・関西大学・順天堂大学・日本体育大学・その他)

Q.なぎなたをやって良かったことは?

A.姿勢が良くなったこと。人前で堂々とした自分をアピールできたことです。

 珍しい競技ですが、日本が誇る伝統武道なので大学入試の面接で色々と聞かれました。今まさに注目され始めている武道なので、今後が楽しみです。

Q.年間にどの位の費用ががかりますか?

A.部費は1カ月千円で、最初に稽古着・袴を購入するのに約1万円位かかります。関東大会やインターハイの経費は全て学校が出してくれます。

ピックアップ

  • 部活動紹介2
  • 大学進学実績
  • 入試情報
  • Webパンフレット
  • 施設紹介
  • 在校生専用ページ
  • 教職員募集
  • 埼玉栄中学校