校長あいさつ

生徒が『主体的』に学び、すべてに全力を尽くせる学校づくりを目指します。

 国際社会の形成者としての役割を果たすため、生徒が「主体的」に学び、一人の生徒が勉強から部活動、学校行事まで「すべてに全力を尽くせる」学校づくりを行っています。

 朝は、0時限の講座、放課後は、部活動や7 ~ 10時限の演習・自習室の利用などを自由に選択できます。加えて朝・昼・晩、食堂とコンビニエンスストアが営業。これらの環境によって、生徒は自分だけの「時間割」を作成できます。これは主体的に学び、自分の未来を自らの手で創造できることを意味します。自ら選んだ講座や部活動だからこそ、意欲的に取り組めるのです。

 このような多彩な教育活動により、生徒一人ひとりが持つ良さを磨き、一人の人間として大切に伸ばしていく。そして、自信に満ちた「新しい時代の主役たち」を育成していきます。

 

4P7A8472

埼玉栄高等学校
校長 町田 弦

ピックアップ

  • 入試情報
  • 部活動紹介
  • 大学進学実績
  • Webパンフレット
  • 施設紹介
  • 在校生専用ページ
  • 埼玉栄中学校へのリンク