教科

確かな学力形成へと導くための授業く

中学3年間は、高校や大学につながる基礎力を養う時期。本校では、毎日の授業を大切にし、その質の向上に取り組んでいます。
また、主要5教科と同様に、芸術科目や体育、技術・家庭も人間形成に欠かせない教科として重要視しています。

ttl_edu01

コミュニケーションを楽しむ中で、英語の力を高めていきます。

中学での英語の授業は週に6時間。そのうち1時間をネイティブが担当する英会話にあてています。英会話では、英語を使う楽しさを体験してもらうことを一番に心がけています。また、リスニングやスピーキングの力とともに、定期試験や外部模試、英検などに対応できる力を向上させます。スタイルにこだわらず、自由に英語を楽しんでほしいです。

生きた英語力の習得を

「読む・聞く・書く・話す」の4技能を磨き、生きた英語力の習得を目指します。本校では、単語・意味・音を十分に理解、練習したうえで、授業の多くの時間を音読にあてています。音読を通してインプットされた多くの表現は、次のステップであるライティングや、発表を含めたスピーキングでのアウトプットに生かされます。この積み重ねが、英検などの外部試験や、その先の高校英語を勉強していくのに役立つことでしょう。

ttl_edu02

中学で基礎基本の徹底を図り、高校での高度な内容に備えます。

高校の数学は内容が高度になるため、中学で基本的な知識や計算力の徹底を図ります。また、反復練習を行いながら、応用問題にも取り組みます。筋道を立てて物事を考える論理的な思考力は、数学の勉強によって養われます。文系・理系に関わらず、数学を通して物事を考える力を身に付けてほしいと考えています。

手厚い指導で理解を深める。

「進学クラス」では、数学を得意とする生徒には発展的な内容で力をさらに伸ばし、不得意とする生徒には十分な理解ができるように基礎の反復練習を徹底して行います。 「医学クラス・難関大クラス」では中学2年生の3学期に中学校の全過程を修了します。中学3年生から高校の課程に入り、大学入試問題に対応できる力を早いうちから育てていきます。 また、本校では基礎の定着や応用力の強化をするため、0時間目、7時間目の演習授業が希望で受講することができます。

ttl_edu03

国語は、生きる力を育み、価値観や世界観を大きく広げます。

国語は、どの教科にとっても基本となります。文章を正確に読み解く力を養うことによりすべての教科における理解が深まります。また、国語の授業で身につけた豊かな語彙力は、コミュニケーション能力を向上させ、「生きる力」を育みます。言葉から内容を的確に享受し、自身の意見や主張を正確に表現する力は、中学生のうちに完成させるべき力です。

正しい日本語を身につける

文法の授業にも力を入れています。口語文法は2年次までに学習を終え、3年次では高校の内容を先取りして古典文法を学習します。進学クラスでは、用言の活用、医学・難関大クラスでは助動詞まで学習します。文法をしっかりと理解して、正しい日本語を身に着けることが目的です。これを「思考力・判断力・表現力」の養成に活かしていきます。

uchino
ttl_edu04

「なぜ?」という気持ちを育み、理科への興味や関心を養います。

中1の生物分野では、ルーペを持ってフィールドワークへ。学校周辺の草花を観察します。こうした観察や実験を授業に多く取り入れ、「なぜ?」「どうして?」という疑問を抱かせるようにしています。この知的好奇心が、理科という強化に興味を抱く”入り口”になるからです。また、生徒に発言する機会を多く設けて、授業への参加意識を高めています。

”理科好き”を増やす

中学3年間で、第1分野(物理・化学分野)と第2分野(生物・地学分野)を学びます。授業の目標は、実験や観察の導入によって理科好きを増やすこと。実験では用具の基本的な操作方法の習得とともに、高校の基礎となる幅広い学力、科学的な見方や考え方の要請をめざします。

ttl_edu05

論理的思考力と表現力を身に付ける

すべての学年で社会問題をテーマにアクティブラーニングやディベートを行います。中1地理の「決定版!関東の魅力度ランキング」ではそれぞれの主観で作ったランキングに他者の意見を考慮してクラスとしてのランキング完成を目指します。中2歴史では、自らで問いを立ててその答えをグループで討論し発表します。中3公民では「死刑制度の是非」など諸問題についてディベート活動を通して理解と関心を深めていきます。これらの活動を通して求められるのは知識だけでなく、他者を納得させる論理的な説明と表現力です。繰り返し実践することで誰でも身に付けることができるのです。

確かな教養を身につけ、豊かな人生を

例えば、中1では世界地理から学習します。好きな国を1つ選び、始めは国旗の由来調べから始まり、最終的には海外旅行を自ら企画してプレゼンします。こうして、試験のための勉強ではなく人生を豊かにするための学びへと昇華させていきます。教科書の知識をもとに主体的に社会に関わるための素地を養います。

 

 

ピックアップ

  • 2021年度 中学生徒募集要項
  • Webパンフレット
  • 部活動紹介
  • 大学進学実績
  • 学校説明会
  • 施設紹介
  • 在校生専用ページ
  • 教職員募集
  • 埼玉栄高等学校へのリンク