新年度のご挨拶 | 埼玉栄高等学校

新年度のご挨拶

 平成21年に西大宮駅が開業して「駅近」に。そして、新校舎も平成28年8月に完成。生徒が「主体的」に学び、自分の未来を「創造」できる環境をテーマに、1人の生徒が勉強から部活動、学校行事まですべてに全力を尽くせる学校づくりを目指します。 
 朝は、0限の授業。放課後は、部活動・7~10限の演習授業(外部講師、第2外国語など)・自習室の開放(20時45分まで)などを自由に選択。予備校や塾に通うことも可能。加えて朝・昼・晩、食堂とコンビニエンスストアが営業。これらの新たな環境によって、生徒は、毎日自分の「時間割」を作成できるようになりました。これは主体的に学び、自分の未来を自らの手で創造できることを意味します。自ら選んだ講座や部活動だからこそ、意欲的に取り組めるのです。 さらに、「進路指導センター」の設置により生徒個々の希望に応じたキャリア教育、進路アドバイスが可能になりました。
 生徒1人ひとりが持つ個性を磨き、内在する可能性を拓く。そして、真の輝きを放つ「新しい時代の主役たち」を育成していきます。

埼玉栄高等学校 校長 町田 弦