中学バドミントン部

    • 中学バドミントン部
部の紹介

 日々互いに精進し、プレーヤー及び人間的にも世界で通用する選手の育成を目指しています。

  • 02IMGL3401
  • A40K0111
  • IMGL3335

バドミントンマガジン提供

活動場所 

グローバルアリーナ バドミントン場 創始グランド(朝練習)

  • bado-72
  • bado-71
  • bado-87
活動日・時間

平日 16:15~20:00 土曜 14:00~18:30 日曜 8:00~15:00

オフ 試験期間・全国大会終了後・年末年始

部員数

男子 3年9名 2年4名 1年4名 合計17名
女子 3年4名 2年6名 1年4名 合計14名

令和元年度予定
6月 学校総合体育大会 さいたま市予選会
7月 学校総合体育大会 埼玉県大会
8月 関東中学校体育大会・全国中学校体育大会
9月 全日本ジュニアバドミントン選手権大会
10月 埼玉県中学校新人大会 さいたま市予選会
11月 埼玉県中学校新人大会 埼玉県大会
12月 全日本総合バドミントン選手権大会・関東中学校オープン大会
3月 全日本中学生バドミントン選手権大会
大会成績等
令和元年度

<関東中学生オープンバドミントン大会>

 (2019.12/26~12/28)栃木県宇都宮市

 男子団体優勝  女子団体優勝

 

<アジアジュニアU17&U15選手権2019>

 (2019.12/11~15)インドネシア スラバヤ市

 井上誠也(U17)沖本優大(U15)三浦大地(U15)の3名が日本代表として派遣される。

  •  U1混合ダブルス 優勝 沖本・山北組
  •  (同種目優勝は日本選手初優勝)

 U15男子ダブルス 第3位 沖本・山北組

 U15男子シングルス 第5位 沖本優大

 

 

<第18回日本バドミントンジュニアグランプリ>

 2019(2019.12/6~12/8)栃木県宇都市

 男子団体戦 優勝 (鴛海 健・呉 子謙)

 女子団体戦 第3位(中根明日香・石井夢楓)

 

<シンガポールユースインターナショナル2019>

 (2019.11/18~11/24)シンガポール

 本校生徒、井上誠也(U17)沖本優大(U15)三浦大地(U15)の3名が日本代表として派遣される。

 U15男子シングルス

  •  第3位 沖本優大
  •  同第5位 三浦大地

 U15男子ダブルス

  •  第5位 沖本・谷岡組
  •  同第5位 三浦・松川組

 

  • <JOCジュニアオリンピックカップ
  • 第38回全日本ジュニアバドミントン選手権大会>

 (2019.9/20~9/23)新潟県新潟市

  •  ジュニア新人の部
  •  男子シングルス 第2位 沖本優大
  •  第3位 角田洸介 同3位 野口駿平

 

<第49回全国中学校バドミントン大会> 

 (2019.8/19~8/22)兵庫県尼崎市

〇男子団体 第5位

  •  男子個人戦シングルス 
  •  第5位 井上誠也
  •  3回戦 沖本優大 
  •  男子個人戦ダブルス  
  •  第5位 呉・山岡組
  •  第5位 安保・林  

 〇女子団体第5位

  •  女子個人戦シングルス
  •  3回戦 中根明日香 
  •  女子個人戦ダブルス
  •  第5位 橋村・野村組

 

<関東中学校体育大会 >

  • kantou-2019-1

 男女団体・個人戦優勝・6冠達成

 男子シングルス 優勝 井上誠也 3位 沖本優大

 女子シングルス 優勝 中根明日香

  •  男子ダブルス 優勝 山岡・呉組
  •  第2位 橋村・水村組
  •  第3位 安保・林組 同3位 鴛海・角田組
  •  女子ダブルス 優勝 野村・石井組
  •  第2位 橋村・櫻井組

 

  • kantou-2019-3
  • kantou-2019-2
  • kantou-2019-5
  • kantou-2019-4

 

<学校総合大会 埼玉県大会>

  •  男女団体・個人優勝・6冠達成
  •  優勝 野村・石井組 2位櫻井・橋村組

 

  • gakuto-2019

 

 

平成30年度

平成30年10月30日(火)、さいたま市ときわ会館において、全国中学校体育大会入賞者による、さいたま市教育長表敬訪問がありました。

我がバトミントン部も表敬訪問に参加しました。

  • IMG_0721

 

・全国中学校大会

 男子団体 準優勝

  •  男子ダブルス 3位 宮下・井上組 
  •  男子ダブルス 5位 呉・山岡組
  •  男子シングルス 3位 野口翔平
  •  男子シングルス 第5位 井上翔太
  •  女子シングルス 第5位 倉島美咲

 

・関東中学校大会 男子団体優勝

 個人戦

  •  男子単優勝  野口翔平
  •  男子単準優勝 井上翔太
  •  男子複優勝  宮下・井上組
  •  男子複第3位 呉・山岡組

 女子単第5位 倉島美咲

 

・全日本ジュニアバドミントン選手権

  中学新人の部 男子単5位 井上誠也・沖本優大

  ジュニアの部(中3~高2)

  女子単9位 倉島美咲

 

  • bado_z4
  • bado_z3
  • bado_z1
過去の実績

・全国中学校大会

 男子団体優勝7回・女子団体優勝1回

・全日本中学生大会

 男女混合団体戦優勝6回

・関東中学校大会

 男子団体優勝17回・女子団体優勝13回

 

国際大会

ジャカルタオープンジュニアインターナショナル2018

 日本代表として本校生徒3名参加(男子2名・女子1名)

 インドネシア ジャカルタ市 2018.9.3~9.8

 U17女子単 第5位 倉島美咲

 

アジアジュニアU17&U15選手権2018

 ミャンマー連邦共和国マンダレー市 2018.10.3~10.7

 日本代表として本校生徒5名参加(男子4名・女子1名)

 U17女子ダブルス 第5位 倉島組

 U17混合ダブルス 第5位 野口・倉島組

 

シンガポールユースインターナショナル2018

 日本代表として本校生徒4名参加(男子3名・女子1名)

 シンガポール市 2018.11.26~12.2

 女子シングルス 第3位 倉島美咲 

 女子ダブルス  第3位 倉島組

 男子ダブルス  第5位 井上組

 

韓国ジュニアオープン

  韓国 密陽市 2018.12.10~16

  日本代表として本校生徒男子1名参加

 

YONEX ROZA SINGHA-ROZA-BTY Iinternational Championships 2019

 タイ王国 バンコク市 2019.4.21~28

 U15男子ダブルス  第3位 沖本・角田組

 U15男子シングルス 第3位 沖本優大

  • 2018-02
  • 2018-03
  • 2018-04
  • 2018-05
  • tai-2019-1
  • tai-2019-2
  • tai-2019-3
  • tai-2019-4

 

Q&A
Q.入部希望者の経験者と初心者の割合は?

A.ほとんどが経験者です。練習は経験者に合わせた練習内容で行っています。

Q.勉強との両立はどうすればいいですか?

A.授業に対する集中力、通学時間、家庭での時間の有効利用が大切です。

Q.遠距離からの通学者が入れる寮はありますか?

A.学校の寮があり、許可されれば入寮できます。

ピックアップ

  • Webパンフレット
  • 部活動紹介
  • 大学進学実績
  • 学校説明会
  • 施設紹介
  • 在校生専用ページ
  • 教職員募集
  • 埼玉栄高等学校