中学 バドミントン(男・女)

BADMINTON

Club Info

部活動情報

 日々互いに精進し、プレーヤー及び人間的にも世界で通用する選手の育成を目指しています。

活動場所

グローバルアリーナ バドミントン場 創始グランド(朝練習)

活動日・時間

朝練習 平8:10日 7:20~8:10
平日 16:15~20:00 土曜 14:00~18:30 日曜 8:00~16:00
オフ 試験期間・全国大会終了後・年末年始

部員数

男子 3年4名 2年4名 1年4名 合計12名
女子 3年5名 2年4名 1年10名 合計19名

指導者
監督:名倉 康弘
コーチ:堂下 智寛  滝内 亮  島田 大輝
外部コーチ:豊島 大地  高原 美由樹  坂崎 眞一

Annual Schedule

年間スケジュール

6月 学校総合体育大会 さいたま市予選会
7月 学校総合体育大会 埼玉県大会
8月 関東中学校体育大会・全国中学校体育大会
9月 全日本ジュニアバドミントン選手権大会
10月 埼玉県中学校新人大会 さいたま市予選会
11月 埼玉県中学校新人大会 埼玉県大会
12月 全日本総合バドミントン選手権大会・関東中学校オープン大会
3月 全日本中学生バドミントン選手権大会

Results

大会成績

令和3年度

<関東中学校体育大会>

男子団体   【優 勝】(18回目)

女子団体   【優 勝】(14回目)

男子シングルス【優 勝】澤田修志(2年)

       【準優勝】三浦大地(3年)

       【3 位】石井叶夢(2年)

男子ダブルス 【優 勝】有江琥珀・稲川蓮二郎(3年)

       【準優勝】山縣壮也(3年)・花井和紀(2年)

女子シングルス【5 位】高津愛花(3年)

女子ダブルス 【優 勝】上野凛・垣内杏南(3年)

       【5 位】水本明希(3年)・小野里美那(2年)

<第51回全国中学校バドミントン大会>

男子団体   【優 勝】(6年ぶり8回目)

女子団体   【8 位】

男子シングルス【優 勝】澤田修志(2年)

       【準優勝】三浦大地(3年)

       【8 位】石井叶夢(2年)

男子ダブルス 【準優勝】有江琥珀・稲川蓮二郎(3年)

       【16位】山縣壮也(3年)・花井和紀(2年)

女子ダブルス 【優 勝】上野凛・垣内杏南(3年)

令和2年度

<日本中学生バドミントンフェスティバル2020>

※全国中学校バドミントン大会の代替試合として開催された大会※

 (2020.8/4~8/7)福島県立ふたば未来学園体育館

 男子団体優勝  女子団体準優勝

 男子個人戦 シングルス 優勝  沖本優大

       同     5位  中川友那 5位 澤田修志

       ダブルス  準優勝 野口駿平・角田洸介組

       同     3位  川崎聖矢・熊木凌也組

       同     5位  三浦大地・有江琥珀組

 女子個人戦 シングルス 3位  高津愛花

       同     5位  小原未空

       ダブルス  5位  櫻井優香・橋村羽奏組

令和元年度

<関東中学生オープンバドミントン大会>

 (2019.12/26~12/28)栃木県宇都宮市

 男子団体優勝  女子団体優勝

 

<アジアジュニアU17&U15選手権2019>

 (2019.12/11~15)インドネシア スラバヤ市

 井上誠也(U17)沖本優大(U15)三浦大地(U15)の3名が日本代表として派遣される。

 U1混合ダブルス 優勝 沖本・山北組

 (同種目優勝は日本選手初優勝)

 U15男子ダブルス 第3位 沖本・山北組

 U15男子シングルス 第5位 沖本優大

 

 

<第18回日本バドミントンジュニアグランプリ>

 2019(2019.12/6~12/8)栃木県宇都市

 男子団体戦 優勝 (鴛海 健・呉 子謙)

 女子団体戦 第3位(中根明日香・石井夢楓)

 

<シンガポールユースインターナショナル2019>

 (2019.11/18~11/24)シンガポール

 本校生徒、井上誠也(U17)沖本優大(U15)三浦大地(U15)の3名が日本代表として派遣される。

 U15男子シングルス

 第3位 沖本優大

 同第5位 三浦大地

 U15男子ダブルス

 第5位 沖本・谷岡組

 同第5位 三浦・松川組

 

<JOCジュニアオリンピックカップ

第38回全日本ジュニアバドミントン選手権大会>

 (2019.9/20~9/23)新潟県新潟市

 ジュニア新人の部

 男子シングルス 第2位 沖本優大

 第3位 角田洸介 同3位 野口駿平

 

<第49回全国中学校バドミントン大会> 

 (2019.8/19~8/22)兵庫県尼崎市

〇男子団体 第5位

 男子個人戦シングルス 

 第5位 井上誠也

 3回戦 沖本優大 

 男子個人戦ダブルス  

 第5位 呉・山岡組

 第5位 安保・林  

 〇女子団体第5位

 女子個人戦シングルス

 3回戦 中根明日香 

 女子個人戦ダブルス

 第5位 橋村・野村組

 

<関東中学校体育大会 >

kantou-2019-1

 男女団体・個人戦優勝・6冠達成

 男子シングルス 優勝 井上誠也 3位 沖本優大

 女子シングルス 優勝 中根明日香

 男子ダブルス 優勝 山岡・呉組

 第2位 橋村・水村組

 第3位 安保・林組 同3位 鴛海・角田組

 女子ダブルス 優勝 野村・石井組

 第2位 橋村・櫻井組

 

kantou-2019-3

kantou-2019-2

kantou-2019-5

kantou-2019-4

 

<学校総合大会 埼玉県大会>

 男女団体・個人優勝・6冠達成

 優勝 野村・石井組 2位櫻井・橋村組

 

gakuto-2019

主な実績

過去の実績

全国中学校大会  男子団体優勝7回 女子団体優勝1回
全日本中学生大会  男女混合団体戦優勝6回
関東中学校大会  男子団体優勝17回 女子団体優勝13回

 

2020年度

日本中学生バドミントンフェスティバル(全中代替試合)
男子団体【優勝】 男子単【優勝】 男子複【準優勝】【3位】 
女子団体【準優勝】 女子単【3位】【5位】 女子複【5位】

代表選手紹介

【本校日本代表選手】

2021年度U16ジュニアナショナルチーム選手
【男子】 3年 三浦 大地・稲川 蓮二郎  2年 澤田 修志・石井 叶夢
【女子】 2年 阿部 果凛

 

【本校卒業の日本代表選手】

2021年度U19ジュニアナショナルチーム選手
【男子】 高校3年 野口 翔平・井上 翔太  高校2年 井上 誠也  高校1年 沖本 優大・角田 洸介

2021年度日本A代表選手
【男子】 西本 拳太(岐阜県バドミントン協会) 渡邉 航貴(日本ユニシス) 古賀 輝 (NTT東日本) 金子 祐樹(日本ユニシス)

2021年度日本B代表選手
【男子】 竹内 義憲(日立情報通信エンジニアリング) 井上 拓斗(日本ユニシス) 小野寺 裕介(日本ユニシス) 岡村 洋輝(日本ユニシス) 小野寺 雅之(日本ユニシス) 緑川 大輝(早稲田大学) 秦野 陸(トナミ運輸)
【女子】 尾﨑 沙織(NTT東日本) 斎藤 栞 (ACT SAIKYO) 斎藤 夏 (ACT SAIKYO)

国際大会

ジャカルタオープンジュニアインターナショナル2018

 日本代表として本校生徒3名参加(男子2名・女子1名)

 インドネシア ジャカルタ市 2018.9.3~9.8

 U17女子単 第5位 倉島美咲

 

アジアジュニアU17&U15選手権2018

 ミャンマー連邦共和国マンダレー市 2018.10.3~10.7

 日本代表として本校生徒5名参加(男子4名・女子1名)

 U17女子ダブルス 第5位 倉島組

 U17混合ダブルス 第5位 野口・倉島組

 

シンガポールユースインターナショナル2018

 日本代表として本校生徒4名参加(男子3名・女子1名)

 シンガポール市 2018.11.26~12.2

 女子シングルス 第3位 倉島美咲 

 女子ダブルス  第3位 倉島組

 男子ダブルス  第5位 井上組

 

韓国ジュニアオープン

  韓国 密陽市 2018.12.10~16

  日本代表として本校生徒男子1名参加

 

YONEX ROZA SINGHA-ROZA-BTY Iinternational Championships 2019

 タイ王国 バンコク市 2019.4.21~28

 U15男子ダブルス  第3位 沖本・角田組

 U15男子シングルス 第3位 沖本優大

2018-02

2018-03

2018-04

2018-05

tai-2019-1

tai-2019-2

tai-2019-3

tai-2019-4

Q&A

よくある質問

入部希望者の経験者と初心者の割合は?
ほとんどが経験者です。練習は経験者に合わせた練習内容で行っています。

勉強との両立はどうすればいいですか?
授業に対する集中力、通学時間、家庭での時間の有効利用が大切です。

Copyright© Saitama Sakae Junior High School