SAKAEニュース 2020/03/15

第18回卒業証書授与式を挙行しました。

麗らかな春の日差しに包まれた令和2年3月15日(日)、中学校第18回卒業証書授与式を挙行しました。
新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、卒業生・教職員参加のもと、各教室で放送による実施となりましたが、教職員に見守られながら、166名が中学校3カ年の課程を修了しました。

校長先生から本校の教育目標の一つである、「敬愛と感謝の心」を持ち、社会やお世話になった方々に貢献できるようになって欲しいとはなむけの言葉が贈られ、高校に進学しても自分を磨き、夢の実現に向け大きく成長して欲しいとの思いが伝えられました。

代表が放送室で卒業証書を受け取った後、各クラスで担任から生徒一人ひとりに卒業証書が手渡されました。

例年と違い、保護者や在校生が居ない中での卒業証書授与式となりましたが、卒業生は3年間の思い出を仲間と共有し、短い時間でしたが一生忘れられない素晴らしい一日となりました。

卒業おめでとうございます。