" />

学習進学

2学年対象 プレゼンテーションコンテストを行いました

投稿日2022/3/20

 3月18日(金)、2学年において、SDGsに関する内容でプレゼンテーションコンテストを行いました。

 生徒2~3名がチームになり、それぞれテーマを決めて3学期の期間にプレゼンテーションの準備を行い、各クラスで予選、教員による動画審査を通過した6組による決勝審査です。各プレゼン発表の後には、審査員の教員から講評と質疑応答の時間も設けました。

※SDGsとはSustainable Development Goalsの頭文字を合わせた言葉で「持続可能な開発目標」と訳されます。より良い世界を実現するために2030年までに達成を目指す国際目標。

 1組目の 松井君と高梨君のチームは、東京都の海洋汚染の取り組みを例に、日常生活における今するべき対策について述べました。

 2組目の大場君、増川君、杉田君は、ゲーム依存の危険性と更生施設の過酷な現状を伝えました。ゲーム依存症診断を行うなど、興味を引く発表でした。

 3組目の坂本さん、相田さん、青木さんは、アフガニスタンのタリバン政権下で起こっている人権侵害について発表しました。平和な日常が、ある日突然奪われる恐怖を伝えました。

 4組目の櫻井君と山本君は、日本企業の二酸化炭素削減の取り組みについて発表しました。環境に配慮した火力発電について、先進的な取り組み事例をわかりやすく紹介しました。

 5組目の土方さんと春原さんは、マクドナルドが展開するおもちゃのリサイクルについて発表しました。スライドに動画を挟むなど随所に工夫がみられました。

 6組目の張君と長泉君は、KDDIによる漁業支援について発表しました。日本の漁業の衰退とIoTによる技術支援で日本の漁業の将来の可能性について説明しました。

 全ての発表が終わり、2学年の生徒たちによる投票を行い順位が決定しました。1位は「アフガニスタンのタリバン政権下で起こっている人権侵害について」プレゼンをした坂本さん、相田さん、青木さん。

 2位は「マクドナルドが展開するおもちゃのリサイクルについて」プレゼンをした土方さんと春原さん。3位は「東京都の海洋汚染の取り組みを例に、自分たちが今するべき日頃の生活の中の対策について」プレゼンをした松井君と高梨君でした。

 コンテストの最後には、プレゼンのファイナリスト全員で記念撮影をしました。どのチームの生徒も、2学年の生徒約200名を前に、緊張しながらも堂々と発表して自信を深めた様子でした。

 プレゼンテーションコンテストも、今回で2回目となり、1学年次に行った時よりもレベルが格段に上がりました。今後は自分たちで課題解決に向けてアイディアを出し合い、実践できるような探究プログラムに取り組んでいこうと思います。

Copyright© Saitama Sakae Junior High School