中学 なぎなた(男・女)

NAGINATA

Club Info

部活動情報

なぎなたは日本古来の伝統武道の一つです。柔道や剣道のようにあまり知名度は高くありませんが、乃木坂46が主演の「あさひなぐ」という映画をきっかけに今大ブレイクしている競技です。

もちろん大会も沢山あり、インターハイや国体、全国選抜大会や関東大会も行われており、剣道のように防具を付けて一対一で戦う試合競技の他に、空手道のように形を二人一組で演武する演技競技があります。

日本の誇る武道なぎなたは、外国人からも注目を集め、今では18か国の国々でなぎなたが行われています。世界大会も4年に一度開催されており、昨年はドイツで7回目の世界選手権大会が開催されました。顧問は第1回、第2回の世界大会の団体個人の覇者で、全日本選手権も4回優勝しています。

部員の9割が高校入学後になぎなたを知り入部しますが、未経験の入部者でもインターハイや国体で活躍するまでに至っています。

部の目標は文武両道。部活動での活躍とともに進学に向けての学習との両立を図るにはもってこいの部活です。

活動場所

なぎなた道場(プール棟2F) 平成31年3月にリニューアルしました。

活動日・時間

平日 16:30~18:30 土曜 9:00~15:00  日曜 9:00~13:00 オフ 月2・3日

部員数

中学 1年4名 2年5名 3年2名 合計11名
高校 3年8名 2年4名 1年7名 合計 19名  

Annual Schedule

年間スケジュール

4月17日 全日本なぎなたの形研修会(三重県) 18日 1、2種審判研修会(三重県) 28~29日 関東大会県予選会(県立武道館)
5月2日 国体少年最終・成年一次・幸村杯男子予選 3~4日 わかしお稽古会(入間市武道館) 8~9日 全日本強化合宿(愛知県) 16日 さいたま市大会 22~23日 都道府県対抗なぎなた大会(国体リハーサル大会)中止 29~30日 全日本男子・ジュニア強化合宿(県立武道館)
6月6日 関東大会(山梨県)  16日 インターハイ予選(県立武道館)
7月4日 埼玉県なぎなた大会(入間市武道館) 18日 国体関東ブロック予選会(栃木県) 24~25日 JOC全国ジュニアオリンピックカップ中学生なぎなた大会(鹿児島県) 25日 国体成年最終選考会(県立武道館) 26日 全日本ジュニア強化合宿(鹿児島県) 
8月8日 全日本学生なぎなた選手権大会(山形県) 10~12日 石川インターハイ(石川県) 23日 高体連なぎなた前期昇級審査会(県立武道館) 29日 幸村杯全国男子なぎなた大会(和歌山県)
9月18~19日 1、2種審判研修会(大阪府) 20日 埼な連前期昇段審査会(上尾市民体育館) 26~28日 国民体育大会なぎなた競技(三重県)
10月24日 青少年なぎなた講習会(県立武道館) 31日 埼玉県小中高生なぎなた大会(県立武道館)
11月3日 さいたま市なぎなた大会(サイデン化学アリーナ体育館) 7日 東日本なぎなた選手権大会(岩手県) 15日 新人大会〔全国選抜予選会〕(県立武道館) 21日 関東ブロックジュニア強化練習会(群馬県)
12月4日 全日本男子なぎなた選手権大会(兵庫県) 5日 皇后杯全日本なぎなた選手権大会(兵庫県) 27日 若潮杯争奪武道なぎなた大会(国際武道大学)
1月8~9日 関東合同稽古会(県立武道館・スポーツ総合センター) 9日 全国選抜ブロック予選会(県立武道館) 22~23日 全日本強化合宿(東京都)
2月13日 高体連なぎなた後期昇級審査会(県立武道館)
3月13日 国体少年一次・リハーサル予選選考会(県立武道館) 19~20日 全国高校なぎなた選抜大会(兵庫県) 20日 埼な連後期昇段審査会(川越運動公園体育館)

Results

大会成績

令和2年度

 第18回埼玉県小中高生なぎなた大会

 11月22日 埼玉県立武道館大道場

 今年度唯一の大会となる第18回埼玉県小中高生なぎなた大会が11月22日(日)埼玉県立武道館大道場にて開催された。

 コロナ感染の影響から新入生は入部後約4か月でのデビュー戦となり、稽古時間が少ない中、宮崎・小泉チームは演技競技に出場。善戦虚しく初戦で敗退した。同じく番場・豊田チームは初戦で相手を僅差で破り、その後準決勝までコマを進め、3位入賞という結果であった。

 その後行われた個人戦では怪我で出場できなかった2年鈴木・1年新井の悔しさを晴らすべく、2年の高橋と1年の豊田が奮闘し、決勝まで勝ち進み同校対決の戦いとなり、2年の高橋が、1年先輩としての意地を見せ、面を決め優勝の栄冠に輝いた。中学3年生が多い中、本校の高橋・豊田の活躍は目覚ましいものがあった。

 来年こそコロナが終息しJOCジュニアオリンピックカップや全日本少年少女錬成大会が開催され全国の大舞台で活躍できるよう、さらに精進することを誓った。


令和元年度

 全日本少年少女武道武道(なぎなた)錬成大会

 8月4日 日本武道館

 標記大会が行われ、本校の1年鈴木が中学1年生の部で敢闘賞(第3位)入賞を果たしました。
 鈴木は小学1年より神奈川県川崎市でなぎなたを始め、本年4月に本校に入学。
7月に開催されたJOC全国中学生なぎなた大会(福井県開催)では2回戦で惜敗し、この大会に思いを馳せて望み見事入賞を果たしました。

inhai-jh-2019-1

過去の実績 (高校)

<インターハイ>
31回連続出場
団体ベスト8 1回
ベスト16 3回
平成14年度 個人3位 平成26年度 個人3位 
令和元年度 個人第5位

<関東大会>
28回連続出場
団体優勝 2回
個人優勝 2回
演技競技優勝 3回

<全国選抜大会>
14回連続出場
平成14年度 男子個人第3位 平成15年度 男子個人準優勝
平成26年度 男子個人優勝 平成28年度 男子個人準優勝

Q&A

よくある質問

なぜなぎなた部に入部しましたか?
袴姿に憧れて入部しました。

朝練習はありますか?
遠方からの通学者がいますのでありません。
どんなところにやりがいや楽しさを感じましたか?
ほとんどの生徒が初心者で、頑張れば大きな大会に出場できます。
勉強との両立は難しいですか?
うまく両立できます。高校生の先輩は、ほとんどの人が希望大学への進学を決めています。(東京学芸大学・関西大学・順天堂大学・日本体育大学・その他)
なぎなたをやって良かったことは?
姿勢が良くなったこと。人前で堂々とした自分をアピールできたことです。

珍しい競技ですが、日本が誇る伝統武道なので、今まさに注目され始めている武道です。
年間にどの位の費用ががかりますか?
部費は1カ月千円で、最初に稽古着・袴を購入するのに約1万円位かかります。

Copyright© Saitama Sakae Junior High School